ジョージア語

kartuli

グルジア語(グルジアご)あるいは、ジョージア語(ジョージアご)[2]は、南コーカサスにあるジョージア(グルジア)の公用語である。カルトリ語(ქართული ენა, kartuli ena)とも呼ばれる[3]

20世紀前半の日本では、ジョルジア語とも呼ばれていた[4][注釈 1]。2015年に日本政府が国家の外名を変更(ジョージアの国名も参照)して以降はジョージア語という呼称を積極的に使用することもなされている[3][5]

グルジア語(ジョージア語)の総話者数は約410万人で、その内、ジョージア国内の母語話者数は多数派民族のカルトヴェリ人を中心に国民の約83%にあたる約390万人である。残りの話者はトルコ、ロシア、イラン、アゼルバイジャン、アルメニア、アメリカ合衆国、ヨーロッパに存在する。漢字による省略形は「具語」ないし「喬語」。

 
 

© 2020 Hirotake Maeda, all rights reserved.